お子様の歯ならびを整えたい

お子様の歯ならびを治すために

お子様の歯ならびを治すために

不正な歯ならびや噛み合わせは、見た目の問題だけでなく、機能面にも悪影響を及ぼすことがわかっています。ここでは、不正咬合が引き起こすおもな悪影響や、お子様の矯正歯科治療についてご紹介します。
>> 不正咬合の種類についてくわしくはこちら

不正咬合の悪影響

歯の病気になる

歯ならびに問題があると、歯と歯が重なりあったり、歯列に凹凸ができたりします。そのため歯ブラシがなかなか当たらない場所が増え、プラークが残りやすくなるのです。結果、虫歯や歯周病になりやすくなります。

消化が悪くなる

ものがよく噛めなくなるため、食べものがよくすりつぶされないまま飲み込むことが増えます。胃腸に負担がかかり、栄養の吸収も悪くなります。

コンプレックスをもつ

小さい時はあまり気にしていなくても、年頃になれば歯ならびの見た目や、発音に障害があることを気にしはじめるものです。人前に出ることが恥ずかしいと思うようになったり、思いきり笑うことに抵抗を感じたりするケースがあります。

けがをしやすくなる

不正咬合の中でも気を付けたいのが出っ歯の症例。出っ歯だと、転んで唇の内側をけがしたり、前歯が折れたりすることがあるので要注意です。特に永久歯を折ってしまうと取り返しがつきません。

お子様の矯正歯科治療

お子様の矯正歯科治療

噛み合わせが悪くなる理由の一つに、「小さな顎」があります。

最近では食卓にならぶ食べものが欧米化し、歯応えのあるものを噛む機会やものを噛む回数が減っているといわれています。そのため、咀嚼不足から骨格や筋肉の未発達に陥り、本来生えるべき永久歯が行き場をなくし、重なったり正しい歯列から外れたりして生えてきてしまうのです。

お子様の矯正歯科治療では、主に顎の骨の正常な成長を促す治療を行います。これにより、歯が生えるスペースを確保します。顎の骨を広げていく小児矯正は、骨のやわらかい成長期だからこそ可能な治療です。

あらい歯科では、信頼のおける矯正歯科医院をご紹介し、お子様の小児矯正へのお力添えをいたします。どうぞ安心してご相談ください。

過剰歯への対応

過剰歯への対応

本来歯というのは乳歯が20本、永久歯が32本生えてくるものです。しかし中には、決まった本数以上に多くの歯が生えてくる場合があります。これを「過剰歯」といいます。過剰歯は周囲の歯を圧迫し、お子様の歯列を乱します。それに加え、永久歯が生えてこなかったりのう胞ができてしまったりと、悪い影響を及ぼす恐れがあるため、ほとんどのケースで抜歯を必要とします。

あらい歯科では、過剰歯の抜歯も行っております。状況によっては専門的な口腔外科をご紹介しております。

茨城県つくば市|診療予約|あらい歯科