こんな癖ありませんか?

お子様の癖は要チェック!!

お子様の癖は要チェック!!

頬杖や指しゃぶりなど、子どもによく見られる日常の癖。実はこれらのような癖は、おもに歯ならびや顎関節に悪影響を与えます。お口の健康を考えると癖は改善すべき。お子様が何気なくやってしまう癖をやめられるよう、ご家族の方などが仕向けてあげることが大切です。

お子様の癖の思いがけない影響

歯や口に影響を与えるお子様の癖

頬杖 頬杖をつくと、頭の重さがすべて顎関節にのしかかり、歯ならびや顎の発育に悪影響を与えます。噛み合わせがずれて、顔の骨格が左右非対称になってしまいます。
指しゃぶり 指を吸う力が継続的にかかると前歯を裏側から押し続けることにもなり、出っ歯につながります。
口呼吸 常に口をあけていると舌の位置が下がり、歯列が乱れるといわれています。また、口腔内が乾燥しやすく、だ液の循環が少なくなるため、細菌が増えて虫歯になりやすい環境になります。
爪を噛む 硬いものを噛み続けることになるので、歯や歯ぐきに負担がかかります。
タオルを噛む タオルを噛む癖が常習化すると、上下の歯が噛み合わなくなったり、出っ歯になったりするなどの悪影響が心配されます。
唇を噛む 下唇を噛むと出っ歯、上唇を噛むと受け口になりやすくなります。
咀嚼不足や丸飲み やわらかいものばかり食べていたり、食べものをよく噛まずに丸飲みしていたりすると、歯や顎関節が正常に発育しなくなります。
舌癖 食べものを飲み込む時に舌で前歯を押す癖や、普段口をあけたまま舌を出す癖などを舌癖といいます。これらの舌癖は、歯ならびや発音に悪影響を与えます。

噛み合わせの重要性

噛み合わせの重要性

歯の機能はものをかじったり、噛み砕いたりするだけだと思っていませんか? もちろん歯は食べものを食べるために大切な役割を果たします。しかし、お子様の歯ならびが乱れていたり、噛み合わせがずれたりしていると、虫歯や歯周病になりやすくなるほか、「発音がうまくできない」「ものを飲み込みづらくなる」など、正しくお口が機能せず、不都合が生じます。将来的に「頭痛」「腰痛」「消化不良」「肥満」「便秘」などが起こる場合もあるのです。

乱れた歯ならび(不正咬合)の例

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)

上下の前歯が噛み合わず、上の前歯や上顎が大きく前に飛び出した状態。

下顎前突(受け口)

下顎前突(受け口)

上下の前歯が噛み合わず、下の前歯や下顎が大きく前に飛び出した状態。

上下顎前突

上下顎前突

上下の前歯や上下顎が大きく前に飛び出した状態。唇が閉じにくくなります。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

上下の歯が噛み合わず、本来歯が生え揃うべきスペースが足りず、歯ならびがでこぼこになった状態。

開咬

開咬

噛み合わせた時に前歯や奥歯に噛み合わせない隙間ができてしまっている状態。

過蓋咬合

過蓋咬合

上の前歯が下の前歯に深くかぶさっている状態。

茨城県つくば市|診療予約|あらい歯科