お子様の成長に合わせた予防歯科

お子様の成長に見合った処置を

お子様の成長とともに乳歯は永久歯に生え替わり、歯列も変化していきます。これから生えてくる永久歯を健康に育てていくためにも、まずは乳歯のことをよく知りましょう。

乳歯について知りましょう

乳歯について知りましょう

クリックしたら拡大表示されます。

乳歯が生えはじめるのは生後6ヶ月以降で、3歳でほぼ完成するといわれています。しかし、乳歯の芽(歯胚)ができるのは、胎内にいる時。およそ妊娠4~6ヶ月の時といわれ、生えるべき20本の歯は、お子様の誕生する前から歯肉の中で生える準備をしています。

よく、「うちの子どもはなかなか歯が生えてこない」と心配される親御様がいらっしゃいます。でも、ほとんどの場合、乳歯はちゃんと生える準備が整っていますので、さほど神経質にならなくても大丈夫。歯の成長には個人差がありますので、生えはじめが早い・遅いという心配は、まずいらないでしょう。

虫歯になりやすい歯「乳歯」

虫歯になりやすい歯「乳歯」

乳歯は永久歯に比べて歯質を守るエナメル質が薄く、歯自体にも厚みがありません。ですから、一度虫歯になると一気に進行する傾向にあるのです。

また、お子様は自己管理が不十分。ブラッシングも完璧にはできません。特に、奥歯の溝や歯と歯の間にプラークがたまり、虫歯になりやすくなります。より効率よくブラッシングするため、そして虫歯の兆候をすぐに発見するためにも、子どものうちは親御様がきちんと仕上げ磨きをしてあげましょう。

乳歯が永久歯に生え替わるワケ

乳歯が永久歯に生え替わるワケ

歯は乳歯から永久歯へと交換します。その理由は、子どもから大人になるにつれ、顎を含む顔の骨格が大きくなり、これまで使っていた小さな歯では機能が不十分だから。お子様の成長にともなった丈夫な歯が必然的に生えてくる、ということなのです。

混合歯列期は気を付けて

混合歯列期は気を付けて

乳歯から永久歯に生え替わる時期を混合歯列期といいます。この時期は、今後一生涯使っていく歯を育てるために大切な時期。生えたての永久歯はまだやわらかく、虫歯菌が出す酸に対する抵抗力が低くなっています。また乳歯と永久歯の混在で歯列もでこぼこしているので歯ブラシもあたりづらいし汚れもたまりやすくなります。そのため、虫歯になりやすいもっとも危険な時期なので、入念なデンタルケアが必要です。日頃のブラッシングのほか、プロの予防処置を受けることも大切。たとえ歯が痛くないとしても、自覚症状がないだけということもありますので、積極的に歯科医院を受診しましょう。

混合歯列期の虫歯予防

混合歯列期の予防として必要なのは、仕上げ磨きを含めたブラッシング習慣と食習慣の改善です。また、歯科医院での予防処置としては、シーラントやフッ素塗布が有効です。
>>予防処置についてくわしくはこちら

永久歯になっても気を抜かない

6歳前後で歯の生え替わりがはじまり、永久歯がすべて生え揃うのは13歳くらい。でも、歯質が硬くなるのはその後約5年くらい先です。つまり高校生くらいまでは虫歯になりやすい時期なのです。すべて永久歯に生え替わったからといって気を抜くとすぐに虫歯になってしまうので、ご注意ください。

茨城県つくば市|診療予約|あらい歯科