お子様のお口を守るために

ご両親に気を付けていただきたいこと

ご両親に気を付けていただきたいこと

虫歯は細菌が原因の感染症。これまでは、「虫歯になったら治療する」と考えられてきましたが、これからは「虫歯にならないよう予防する」ことが大切です。

虫歯について知りましょう

虫歯について知りましょう

虫歯の原因となるミュータンス菌などの細菌は、生まれた時から口の中に存在しているわけではありません。ご両親や周りの大人とのスプーンやコップなどの食器類の共有やキスなどを介して、知らず知らずのうちに感染してしまうのです。

特に親子感染に注意

特に親子感染に注意

子どもが虫歯になりやすいのは、1歳半から3歳くらいまでの間。特にこの時期は親子感染に注意しましょう。ただ、3歳までの子どもはスキンシップが大切な時期でもあります。親子の触れ合いをなくす必要はありませんので、親御様がしっかり虫歯や歯周病に気を付けてあげましょう。

妊娠歯周炎について

妊娠歯周炎について

妊娠中の女性の多くが経験する「つわり」では、今まで何ともなかった食べもののにおいや味に吐き気をもよおします。歯ブラシが口に入ってくること自体も気持ちが悪くなることがあり、ブラッシングがおろそかになりがちです。また、ホルモンバランスが悪化することにより細菌の質や量も変化すると言われています。そこで気を付けなければならないのが「妊娠歯周炎」です。

妊娠歯周炎とは

妊娠歯周炎とは、妊娠期の歯周病のことです。初期の自覚症状に乏しく、発見が遅れがち。原因である歯周病菌が血液を通じて体内をめぐることで、早産や低体重児出産を引き起こす危険性もあります。生まれてくる赤ちゃんのために、定期検診を受けてお口の健康状態をチェックしてもらいましょう。

普段のケアで歯磨き粉のにおいが気になる時は、何も付けずにブラッシングする、という方法がおすすめです。

定期検診の重要性

虫歯や歯周病は初期では症状がほとんどないので、定期検診で見つかることがほとんど。ご両親の虫歯や歯周病の早期発見・早期治療には、定期検診が不可欠なのです。

定期検診を受けるメリット

定期検診では専門的な歯のクリーニングを行い、セルフケアのブラッシングでは落としにくい歯と歯ぐきの間や歯と歯の間のプラークをすべて除去できます。また、虫歯や歯周病を予防し、口腔内の健康維持にも役立つのです。

お子様の歯のトラブルの原因は、親から子への感染もあります。ご両親の口腔内のケアがしっかりできていれば、お子様の虫歯や歯のトラブルの防止につながります。積極的に定期検診を受けましょう。

【ご自身の口元の見た目が気になるご両親へ】

ご自身の口元の見た目が気になるご両親へ

口元は、人の印象を左右する大切な部分。キレイにならんだ白い歯に誰もが憧れるでしょう。特に、女性はいくつになっても「美しくありたい」と願うものです。ガタガタに乱れた歯ならびや欠けた前歯、目立つ銀歯が気になったことはありませんか?

あらい歯科では、歯の治療を通して、キレイで健康的な口元をサポートします。キレイを目指すお母様はもちろん、見た目と健康の両方を願うお父様のご相談も、いつでもお待ちしています。

茨城県つくば市|診療予約|あらい歯科